思い出に残る袴

お正月に袴を着ることについて


menu contents
新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい洗濯方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 正月」
に関連するツイート
Twitter

今年の正月は既存の犬キャラガチャだったけど猪(豚)系の人ってゴウリョウさんくらいしかいないから来年のお正月は何ガチャするのかしら 振袖ガチャワンチャンないのか

返信先:@azu_vio リンボは来年の何時頃くるのかなあ… ありますね!モリタカくんもお正月追加だったかな…? トウジ似合いすぎてなんか着てもあ~~~~やっぱりな~~~~~(花丸ハンコ)って感じありますわ

通販のお知らせです😊 12月23日(日)22時頃から新作追加します!羽織と着物のセットやなどお正月用衣装と、パンツを色違いで2種販売予定です。 準備が整いましたらまたこちらに写真をのせますのでご覧頂けましたら幸いです!

RT @tumayoG: SSR【お正月】剣持刀也も同じく解放前が初詣行くときの冬私服、解放後は育ちの良さバツグンの羽織でよろしくお願いします。 がっくんは扇子、とやさんは和傘とか持ってて欲しいです。

RT @tumayoG: SSR【お正月】剣持刀也も同じく解放前が初詣行くときの冬私服、解放後は育ちの良さバツグンの羽織でよろしくお願いします。 がっくんは扇子、とやさんは和傘とか持ってて欲しいです。

Twitter山吹色@2日目東セ13b@bukiiro

返信 リツイート 19:32

RT @tumayoG: SSR【お正月】剣持刀也も同じく解放前が初詣行くときの冬私服、解放後は育ちの良さバツグンの羽織でよろしくお願いします。 がっくんは扇子、とやさんは和傘とか持ってて欲しいです。

正月着るのあこがれ〜〜✨ pic.twitter.com/bo3p6l6TsF

Twitterそら豆@モナ撮影会@soramame49

返信 リツイート 19:32

返信先:@Next10_tomoni ほんとカレンダーかと思ってた!姿は別格だよ~( ;ᵕ; )💙おもち食べてて正月って感じ🎍*⋆

Twitterゆうちゃん🍚*゚@ino_110yuu

返信 リツイート 19:29

返信先:@yoneco4280 粥ちゃん体調大丈夫???大変そう💦 お正月着せるぜぇ!

Twitterまんまるきりん®︎10m♀@china732732

返信 リツイート 19:28

返信先:@SEMIMARU_FLO ですよね!着物とかとか✧同じくお正月に期待しちゃってます!! お祭りというか和太鼓女子?めっちゃ和太鼓叩けそう!笑

お正月に袴を着ることについて

袴は着物の上から腰を覆おうように履く装いです。
近世には男性用の礼服だったのですが、明治・昭和時代に女性の学生服として採用したことから成人式や卒業式に女性が着る定番の衣装として現在に広まっているのです。
もともとは男性の正装なので、お正月に男性が袴を着ることは決しておかしなことではないのです。
逆に女性の正装は振り袖です。
ただ、お正月の正装として着る以上、紋付で、柄は縞のものにしましょう。
縞の柄が細くて多色織りで凝っているほうが高級感が出てきます。
角帯の上、へその下で絞めるようにしましょう。
丈の長い袴を胸の下で絞めている姿はかっこ悪いです。
もともとが侍が武道の際に腰に刀を差すために使用したボトムなのであまり上の方にあると本来の意味から違ってくるのです。
正装感を出すには自分の身丈にあったものをきちんと着るようにしましょう。
男性のための正装なので、きちんとした場に行くのであれば女性はお正月には振り袖の方がおすすめです。

袴の正装としての扱いについて

桜をあしらった袴 袴を正装と捉えるか否かについては、状況や着用者によって異なる面があります。
もともと袴の着用が広まったのは江戸時代の武家社会においての事であり、そこから武士の略礼装として扱われていたという経緯があります。
その後時代が下るに従って庶民の最正装として扱われるようになり、現代に至るまで連綿と続いています。
しかしこうした経緯から、上位の勲章を受ける際には相応しくないケースがあります。
また伝統的な芸能・芸術の世界では正装として認められなかったり、様式が定められているケースがあります。
代表的なケースは茶道の茶会における着用であり、無地の袴のみが対象となっています。
また基本的に正装と見なされるのは、男性の着用においてのみという特徴があります。
女性においては古くは学生の制服等にも採用されたケースはあるものの広がりは見せなかった事もあり、現代では袴の着用は略式の装飾の扱いとして一般に認識されるようになっています。