思い出に残る袴

お正月に袴を着ることについて


menu contents
新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい洗濯方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 正月」
に関連するツイート
Twitter

正月のやつ切り抜きしてもいい?紋付たけどうける

Twitterヴォェェェァォ!!!@PrincesaSaiki

返信 リツイート 昨日 20:08

私和服大好き人間なので推しが夏祭りで浴衣着てたり、正月きてたりするの大好きマンなんですけどわかってくださる方いますか……?

あと卒業式で着せたい勢は事あるごとに着物着せとくのがいいよ うちは夏は祭り関係なく浴衣だったり、正月は必ず着物ですよ あと旅行に行くときもうーゆーの浴衣は持参するよ風呂上がり用に 歩き方も捌きかたも覚えるからこけなくなるよ

夏目さんの衣装、大体つむぎさんで次点で宗にいさんが作るから、たま~にあんずさんが作るとお互い浮かれてたりそわそわしちゃうの可愛いんだ お正月の「ボクのために丹精こめて作ってくれてありがとネ」とか クラスライブで衣装の着心地気にして夏目さんに聞いちゃうあんずさんとか

だー…すごい似合ってる」「お前の振り袖の方が似合っているだろう」「でも和服って慣れなくて着られちゃってる感が…」真田とお正月「手を貸せ」「…え?」「慣れないのだろう?握っていればいい」「…手繋ぐの、いつも抵抗するのに」「お前が怪我をするくらいなら、恥などいくらでも捨てる」

Twitterテニス創作妄想ネタbot(対策中)@tns_delusion

返信 リツイート 昨日 5:01

返信先:@okuarc 可愛いですよね😊♥ ランちゃん色んな種類の絵がありますからね😁 あとたしかお正月に出てたらしいスキンというものがありまして… をお召になっているランちゃんが私は欲しいのです…

RT @yuukikanon42: 2019年1月から3月 着物まとめ 正月から体調不調で予定が狂いました 正統派からや結ばない帯結びにも挑戦 3月の積み残しは後日リプにあげます #着物 #着物自画撮り部 #kimono  #キモノ #普段着物 #今日の着物 https://…

RT @yuukikanon42: 2019年1月から3月 着物まとめ 正月から体調不調で予定が狂いました 正統派からや結ばない帯結びにも挑戦 3月の積み残しは後日リプにあげます #着物 #着物自画撮り部 #kimono  #キモノ #普段着物 #今日の着物 https://…

TwitterLITくん(りと)🐾 ▶からくりピエロ踊った。😈🐣@lit_lit3925

返信 リツイート 4/24(水) 15:23

RT @yuukikanon42: 2019年1月から3月 着物まとめ 正月から体調不調で予定が狂いました 正統派からや結ばない帯結びにも挑戦 3月の積み残しは後日リプにあげます #着物 #着物自画撮り部 #kimono  #キモノ #普段着物 #今日の着物 https://…

Twitterさこ🔥💎@ぱふSSA@saco9090

返信 リツイート 4/24(水) 14:19

RT @yuukikanon42: 2019年1月から3月 着物まとめ 正月から体調不調で予定が狂いました 正統派からや結ばない帯結びにも挑戦 3月の積み残しは後日リプにあげます #着物 #着物自画撮り部 #kimono  #キモノ #普段着物 #今日の着物 https://…

Twitter巫覡夜徒@新宿division@FugekiYato

返信 リツイート 4/24(水) 14:12

お正月に袴を着ることについて

袴は着物の上から腰を覆おうように履く装いです。
近世には男性用の礼服だったのですが、明治・昭和時代に女性の学生服として採用したことから成人式や卒業式に女性が着る定番の衣装として現在に広まっているのです。
もともとは男性の正装なので、お正月に男性が袴を着ることは決しておかしなことではないのです。
逆に女性の正装は振り袖です。
ただ、お正月の正装として着る以上、紋付で、柄は縞のものにしましょう。
縞の柄が細くて多色織りで凝っているほうが高級感が出てきます。
角帯の上、へその下で絞めるようにしましょう。
丈の長い袴を胸の下で絞めている姿はかっこ悪いです。
もともとが侍が武道の際に腰に刀を差すために使用したボトムなのであまり上の方にあると本来の意味から違ってくるのです。
正装感を出すには自分の身丈にあったものをきちんと着るようにしましょう。
男性のための正装なので、きちんとした場に行くのであれば女性はお正月には振り袖の方がおすすめです。

袴の正装としての扱いについて

桜をあしらった袴 袴を正装と捉えるか否かについては、状況や着用者によって異なる面があります。
もともと袴の着用が広まったのは江戸時代の武家社会においての事であり、そこから武士の略礼装として扱われていたという経緯があります。
その後時代が下るに従って庶民の最正装として扱われるようになり、現代に至るまで連綿と続いています。
しかしこうした経緯から、上位の勲章を受ける際には相応しくないケースがあります。
また伝統的な芸能・芸術の世界では正装として認められなかったり、様式が定められているケースがあります。
代表的なケースは茶道の茶会における着用であり、無地の袴のみが対象となっています。
また基本的に正装と見なされるのは、男性の着用においてのみという特徴があります。
女性においては古くは学生の制服等にも採用されたケースはあるものの広がりは見せなかった事もあり、現代では袴の着用は略式の装飾の扱いとして一般に認識されるようになっています。