思い出に残る袴

お正月に袴を着ることについて


menu contents
新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい洗濯方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 正月」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@tsubu_aya あと正月とかどうですか?

数えで100日を迎えました。ミッキーに頑張ってもらったけど笑わず( *´-` )これも思い出💓 せっかくなのでロンパース着せてみたら、オフ会では気付かなかったけど既にぴったり💦サイズ70…失敗した😣お正月着れるかな…😂💦 健やかに成長しますように✨ pic.twitter.com/h6cJIIddc6

Twitterゆりち®︎@8/14♂3m@yurichianman

返信 リツイート 35分前

返信先:@708_pad PUもゆーて要らない(๑›‿‹๑)なんなら今持ってる人のミコトも全部けしてほしい𐤔𐤔(自己中)正月ミコト水属性で期待してるけど𐤔𐤔

TwitterKUREHA♡ドラガリ@KUREHA022

返信 リツイート 41分前

あの姿はお正月の間宣伝に使うのかしら?

娘のお正月用にロンパース買ってしまった👶👘💕ただ髪の毛が薄いからお揃いの柄のリボンとか付けられない😂😂😂 pic.twitter.com/zNRPA9MV1A

Twitter🍩めがね🐻@non_bambi

返信 リツイート 17:45

返信先:@yu00925927 ありがとうございます💓 KENZOくんは明るくてポジティブでお正月が似合う気がします😆🎵 姿もきっとかっこいい❗️✨

返信先:@fujikko_nov11 ふじっ娘ちゃん、ありがとう!ロンパース、お食い初めのときはぶかぶかだったのにぴったりになってて成長を感じたよ😂今度のひな祭りまで着せるつもりで買ったけど、お正月でサイズアウトかな?(笑)親にとっては子どもが健康に怪我なく笑って過ごしてくれることが一番だよね✨

Twitter小爪獺®*2y11m♂1y♀@knrnko

返信 リツイート 15:51

正月併せまで20日切ったからそろそろ侑ウィッグ買わないかんのやけども買わな……グレーのでかいやつ……

Twitterふじわら🎮🌸@256_boc

返信 リツイート 15:33

返信先:@23w83979984 ありがとうございますー☺ 男の子のも可愛いね〜!!♡ 正月も着せて実家に愛でられるのが今から想像つきます(笑)

Twitter紅葉@ひーチャン3m 手抜き模索中@konohamix

返信 リツイート 14:49

羽織のきんちゃくは… 当日は無理だけどお正月が 明けてから在庫あるなら… 欲しいなあ・゚・(●´Д`●)・゚・ pic.twitter.com/IEgSpHC99g

お正月に袴を着ることについて

袴は着物の上から腰を覆おうように履く装いです。
近世には男性用の礼服だったのですが、明治・昭和時代に女性の学生服として採用したことから成人式や卒業式に女性が着る定番の衣装として現在に広まっているのです。
もともとは男性の正装なので、お正月に男性が袴を着ることは決しておかしなことではないのです。
逆に女性の正装は振り袖です。
ただ、お正月の正装として着る以上、紋付で、柄は縞のものにしましょう。
縞の柄が細くて多色織りで凝っているほうが高級感が出てきます。
角帯の上、へその下で絞めるようにしましょう。
丈の長い袴を胸の下で絞めている姿はかっこ悪いです。
もともとが侍が武道の際に腰に刀を差すために使用したボトムなのであまり上の方にあると本来の意味から違ってくるのです。
正装感を出すには自分の身丈にあったものをきちんと着るようにしましょう。
男性のための正装なので、きちんとした場に行くのであれば女性はお正月には振り袖の方がおすすめです。

袴の正装としての扱いについて

桜をあしらった袴 袴を正装と捉えるか否かについては、状況や着用者によって異なる面があります。
もともと袴の着用が広まったのは江戸時代の武家社会においての事であり、そこから武士の略礼装として扱われていたという経緯があります。
その後時代が下るに従って庶民の最正装として扱われるようになり、現代に至るまで連綿と続いています。
しかしこうした経緯から、上位の勲章を受ける際には相応しくないケースがあります。
また伝統的な芸能・芸術の世界では正装として認められなかったり、様式が定められているケースがあります。
代表的なケースは茶道の茶会における着用であり、無地の袴のみが対象となっています。
また基本的に正装と見なされるのは、男性の着用においてのみという特徴があります。
女性においては古くは学生の制服等にも採用されたケースはあるものの広がりは見せなかった事もあり、現代では袴の着用は略式の装飾の扱いとして一般に認識されるようになっています。