思い出に残る袴

人と被らない袴とは?


menu contents
新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい洗濯方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 洗濯」
に関連するツイート
Twitter

礼服の軍、試しにハイター漬けたら真っ白になったので、洗濯機で洗い中。 いい匂いする軍…。 ジャケットの方は洗えないのでクリーニングに終わったら出す。 23日、念願の礼服廣瀬できる嬉しさプライスレス。

Twitter透@DEX11番艦『しらたき』担当@Toru_1900

返信 リツイート 19:02

主催していたイベント終了後の私の家の物干し台の様子。 写真ありましたw はまだ洗濯中みたいです。 pic.twitter.com/hm8sdQWEEk

Twitterうき@1日目西ら33a@uniformkiss

返信 リツイート 17:52

主に馬車道さんののプリーツを直すのに使っていました。 昔はいっぺんに7着ぐらい洗濯してアイロンかけたりしていました。すげー懐かしい。

Twitterうき@1日目西ら33a@uniformkiss

返信 リツイート 17:34

返信先:@pxychic_karma ヨージの黒は普通の黒より更に黒い漆黒なんだよ。生地自体黒なのにそれから更に黒く染めるの。ヨージブラックって言われてる。だから洗濯すると黒落ちするけど長く着ててもずっと黒いの。あと布の使い方が独特でをモチーフにしてるから他のパンツと違うんだよ 絶対いいと思う。古着屋とかで買えば?

ときわに荷物置いて腹ごしらえに駅前向かって1バサカニのカレーうどん買おうとしてたらお姉さんいい姿だねってオジサンに写真撮られてお礼に電車の絵が描いてある紙切れ貰ったんだけど忘れててパーカーのポッケに入れたまま洗濯して文句のないゴミになった話がいろいろ意味わからなくて面白いらしい

おりょうも大変だな。普段着がだからもう洗濯機に突っ込めないだろうし。 いや、実際洗う訳ではないけどね!

ファブリーズ:合宿必需品。稽古が終わったら、洗濯紐にかかったに向かってシュッシュする。

返信先:@kyoudoumahiroaw 白い方は他の物と一緒に洗濯で週1 黒い下はクリーニングで月一程度です!

返信先:@kyudo1207 あと1つ質問なんですけど、はほかの洗濯物と一緒に洗濯していますか?それとも別に分けて洗濯していますか?ᕙ( ˙꒳​˙ )ᕗ

Twitterまっひー@弓道初心者🏹@kyoudoumahiroaw

返信 リツイート 12/15(土) 22:33

返信先:@kyoudoumahiroaw 前垢フォローありがとうございます! 私は弽 プラスチックの箱に入れてます また、その中に 乾燥剤入れるといいですよ! は、週一のペースで 洗濯しています

袴の動きやすさに注目

袴は本当に動きやすいものです。
着物がまずひざ下あたりで着付けされているのが一番の理由です。
袴自体は、全体的にふわっとしているためにもともと足は自由に動きます。
その下にある着物の長さが膝ぐらいだと足を自由に動かすことが出来ます。
また、最近の袴用着物は、もともと着丈が短く作られているので、普通の着物のようにおはしょりを多くとる必要がありません。
そのため、腰のあたりもそんなにごわごわ感も締め付け感もなくスッキリとしているため楽なのです。
着物の丈がもともと短い分、軽いですし、おはしょりなどの重なる部分がないというのは、本当に動きも軽くなります。
また、草履だけではなく、ブーツなどと合わせることが出来るのも今の人には合っているのではと思います。
履きなれていない草履は、歩くと辛いものがあります。
しかしブーツでしたら、普段のような状態で歩くことが出来ます。
袴は、着物と違い、ふわっとしたロングスカートのようなものです。
動きやすさは思っている以上に良いと思います。

袴や着物の正しい洗濯方法

袴や着物の正しい洗濯方法袴に合う髪型は、基本どのようにしても素敵だとは思います。
振袖のように着物も華やかでなく、大きな帯もないため、全体のバランスとしてはシンプルな方が、清楚な感じがするかもしれません。
袴の正しい洗濯方法は、まず床に置いて、ひだを整えた後、表裏を通して真ん中と裾を、横にしつけ糸で止めます。
糸がなければ安全ピンでとめても良く、そのままネットに入れて洗濯をします。
洗濯をしたらつるして干し、お天気のよい日に陰干しをして湿気をしっかり飛ばすことです。
半日かけてしまうつもりで時間をたっぷり取り、乾いたら袴のひだを整えて、新聞紙に挟んで寝押しして丁寧にたたみます。
着物の正しい洗濯方法は、まず洗濯ネットに入れ、洗剤を溶かしたぬるま湯に10分ほどつけておきます。
次にお湯を換えながら3回ほど手で押し洗いし、脱水機に入れて2~3回転させます。
洗濯ネットから出したら、着物用のハンガーにかけて室内でかげ干しし、乾いたらアイロンをかけます。
干す場所は、風通しのよい部屋を選び、時間は数時間から半日程度を目安に干すようにします。
木綿や麻などの着物は、このように家庭で容易に洗濯が可能ですが、縮緬や綸子など高価な正絹で作られている着物は、クリーニングがオススメです。