思い出に残る袴

人と被らない袴とは?


menu contents
新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい洗濯方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 洗濯」
に関連するツイート
Twitter

洗濯したの手触りが大好きです。 でもシーズン1回くらいしか洗わないモノグサです。 稽古用は道場に置きっぱなしで、持って帰るの面倒くさくて。 お出かけ用は自宅にあるけど月2回も使うかどうかなので、、ついついサボってしまいます。 なので、洗濯したてのの手触りが気持ちいいです。

恐ろしいほど洗濯物がよく乾く。乾きやすい素材なんだけど数時間で畳んで収納出来るとは。ジャージ剣道着とテトロン、凄く楽チン!

Twitterハリセンチョップ@harisenchop

返信 リツイート 昨日 19:56

ビショビショやった、、洗濯し直し、、

返信先:@ZioooZioooo 洗濯してるのか…( ´・ω・`) 沖田さんでしょ??🤔

Twitter🐟メジナ@フィオナ大好き🐟@mejimejimejina

返信 リツイート 6/15(土) 22:32

RT @tomitake723: やっと洗濯おわって寝れる〜😪🌃 今日のスペシャル衣装!!! 明日はシークレット衣装も! お楽しみに〜😁♥️ pic.twitter.com/HXn1HMbmGo

返信先:@Choco32180 絹もいいよね(ノ)*´꒳`*(ヾ)♪ でも洗濯難しいからなぁ(^^; 剣道着ははいいけど(˶‾᷄ ⁻̫ ‾᷅˵)

返信先:@ynkt87cos わ!!やった!!一緒!!あの梁さんの綺麗なと一緒の塗料!!! 前回のがアクリルガッシュさん使ってて、洗濯やら、まあ、酷使してたんですけど模様がひび割れてボロボロでして💦💦今回は布えのぐのみで(たまに混ぜて使ってました)伸縮素材の塗装にいいよと見かけた裁縫上手さんをまぜてみてます

先日は佐賀へ御先祖様に御墓参り。当日着ていた白衣も乾いたし、洗濯糊等を駆使してアイロンがけ。それなりに綺麗に😅。 化繊は楽だね😅 pic.twitter.com/bTffGTytsT

TwitterDML30(Mr.K)@危険運転反対@AkiraDml30

返信 リツイート 6/13(木) 20:53

ああもうがくこ!洗濯機に入れずに手洗いしろと言ったではござらぬか!

ファブリーズ:合宿必需品。稽古が終わったら、洗濯紐にかかったに向かってシュッシュする。

Twitter居合ドウズbot@iaidos_bot

返信 リツイート 6/13(木) 8:17

袴の動きやすさに注目

袴は本当に動きやすいものです。
着物がまずひざ下あたりで着付けされているのが一番の理由です。
袴自体は、全体的にふわっとしているためにもともと足は自由に動きます。
その下にある着物の長さが膝ぐらいだと足を自由に動かすことが出来ます。
また、最近の袴用着物は、もともと着丈が短く作られているので、普通の着物のようにおはしょりを多くとる必要がありません。
そのため、腰のあたりもそんなにごわごわ感も締め付け感もなくスッキリとしているため楽なのです。
着物の丈がもともと短い分、軽いですし、おはしょりなどの重なる部分がないというのは、本当に動きも軽くなります。
また、草履だけではなく、ブーツなどと合わせることが出来るのも今の人には合っているのではと思います。
履きなれていない草履は、歩くと辛いものがあります。
しかしブーツでしたら、普段のような状態で歩くことが出来ます。
袴は、着物と違い、ふわっとしたロングスカートのようなものです。
動きやすさは思っている以上に良いと思います。

袴や着物の正しい洗濯方法

袴や着物の正しい洗濯方法袴に合う髪型は、基本どのようにしても素敵だとは思います。
振袖のように着物も華やかでなく、大きな帯もないため、全体のバランスとしてはシンプルな方が、清楚な感じがするかもしれません。
袴の正しい洗濯方法は、まず床に置いて、ひだを整えた後、表裏を通して真ん中と裾を、横にしつけ糸で止めます。
糸がなければ安全ピンでとめても良く、そのままネットに入れて洗濯をします。
洗濯をしたらつるして干し、お天気のよい日に陰干しをして湿気をしっかり飛ばすことです。
半日かけてしまうつもりで時間をたっぷり取り、乾いたら袴のひだを整えて、新聞紙に挟んで寝押しして丁寧にたたみます。
着物の正しい洗濯方法は、まず洗濯ネットに入れ、洗剤を溶かしたぬるま湯に10分ほどつけておきます。
次にお湯を換えながら3回ほど手で押し洗いし、脱水機に入れて2~3回転させます。
洗濯ネットから出したら、着物用のハンガーにかけて室内でかげ干しし、乾いたらアイロンをかけます。
干す場所は、風通しのよい部屋を選び、時間は数時間から半日程度を目安に干すようにします。
木綿や麻などの着物は、このように家庭で容易に洗濯が可能ですが、縮緬や綸子など高価な正絹で作られている着物は、クリーニングがオススメです。