思い出に残る袴

袴のコーディネート


menu contents
新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい洗濯方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 デザイン」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@promise_xm 着ましょう…!!今めちゃ可愛いデザイン多いので来て欲しいです🥺全然いけますウェルカムです!(←) 徐々に寂しくなってきます😢社会人になるのが怖い…w

京都の人気店より卒業式のをお届け!【京都着物レンタル 夢館 -ゆめやかた-】夢館にしかないオリジナルデザイン多数ご用意!ワンランク上のブランドもございます | あなたに必要なものきっと見つかる pyu-chukunn.com/custom489.html

ナオミ姉さんはスケ番スタイルだけど、盾ちゃんの制服デザインのロンスカはをイメージしているので、似て非になるものです。

FGOのキャラクター、たまに「ズボンや、スカート履き忘れたの?」って三度見するキャラがいて、4回目ぐらいで「デザインか……」って引き下がる

体育祭の衣装長になったのはいいけど絵が下手すぎてデザイン画が納得いかない……ってどうやって描くのー!!!!

返信先:@kaminka212 ありがとうございます🙏デザインもだけど脚広げられるし着てても楽で良いですよ〜✨

返信先:@misakajoutarou 神聖な存在だからこそ、ピンチになってるのいいですよね… 白い小袖と赤いのシンプルかつ至高のデザイン(*´∀`*)

【東薬大生協よりお知らせ】 2020年度ご卒業見込みの皆様へ 翌6月17日(月)から6月21日(金)の日程で卒業式レンタル 学内試着、予約会を開催します! 早期の予約会はたくさんのデザインを選べたり、特典で浴衣がついたり、お得が目白押し! ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください! pic.twitter.com/oKDlutEDPK

Twitter東京薬科大学の生協のお店@toyaku_coop

返信 リツイート1 昨日 14:19

黒着物に青 には銀ライン 腕章に似たデザインのベルト徽章

Twitter樋代万理@企画垢@banri_insane

返信 リツイート 昨日 12:32

[KAIKI] ウェザー前掛けスカートパンツ black のような極太シルエットのパンツに前掛けを施すことで、 前から見るとスカート、後ろから見るとパンツのデザイン性高い一本に仕上がっております。 ovie.shop-pro.jp/?pid=142101693 pic.twitter.com/gPhLnR9ajr

現代の袴姿は個性的なファッション

袴といえば、伝統的な姿の一つですが、現代においては個性的な点が魅力となります。
また、魅力を感じる人にとっては、ファッション要素が魅力的になるので、特別な時の姿として袴が選ばれます。
袴の特徴には、通常の着物とは違い個性的である事、そして男性的で気持ちが引き締まる点があります。更には、個性的である事が写真写りを良くするので、引き締まった画になる事も利点の一つです。
一方、大勢が参加するイベントの場では、皆同じ様な格好をする事がありますが、袴で参加を行う事によって、より個性的かつ記憶に残る姿で目立つ事が出来ます。特にその効果を発揮したい場合は、洋装中心の場で活用する事がおすすめで、スーツ姿に混じる事が効果を引き出すコツになります。
着る際に手間取ったり、動き易さの点では現代の洋服に劣りますが、特別な時には十分悩んで選ぶだけの価値が存在します。
今も失われる事なく受け継がれている伝統の一つは、新たに魅力的なファッションとして再評価されています。

袴のコーディネートについて

袴のコーディネート 和服のひとつである袴はよく大学の卒業式などで女性が身につけることで知られており、ほかにも成人式などでも身につけるという人も少なくありません。
そんな和服は身につけることが少ないので、どのようにコーディネートすればいいのか分からないという人も多いです。
袴のコーディネートと指摘になってくるポイントは足元と髪型です。上の合わせに関してはある程度コーディネートが決まってくるので柄の好みや流行で決めてしまえばさほど問題はないのですが、足元に関しては草履にするべきかブーツにするべきかで悩むという人もいます。
基本的にはどちらでもいいのですが、草履の場合は足袋のくるぶしがちらっと見える程度、ブーツの場合はブーツの足首が見えるぐらいの短めな丈にしてあげることがおすすめです。
また、おすすめされているコーディネートとしては着物と袴を選ぶ時の基本を守ったスタイルであり、好きな色を選ぶ事と、肌や髪の色に合わせて選ぶ事だとされています。