思い出に残る袴

人と被らない袴とは?


menu contents
新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい洗濯方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 形」
に関連するツイート
Twitter

RT @palmie_oekaki: ✿刀と着物の描き方について✿ 着物で刀を身に着けた場合を解説していきます(・∀・)❗ イラストは姿で帯刀した場合の横側を描いたものです♫ もう少しを単純化して、どのように重なっているかを学んでいきましょう(ノ´∀`*) https://…

RT @palmie_oekaki: ✿刀と着物の描き方について✿ 着物で刀を身に着けた場合を解説していきます(・∀・)❗ イラストは姿で帯刀した場合の横側を描いたものです♫ もう少しを単純化して、どのように重なっているかを学んでいきましょう(ノ´∀`*) https://…

RT @palmie_oekaki: ✿刀と着物の描き方について✿ 着物で刀を身に着けた場合を解説していきます(・∀・)❗ イラストは姿で帯刀した場合の横側を描いたものです♫ もう少しを単純化して、どのように重なっているかを学んでいきましょう(ノ´∀`*) https://…

RT @stay_blue1: NO.564 お茶の水女子大学附属中学校(東京都文京区)の制服イラスト! 目を引く「お茶中ベルト」。通学服が時代からの伝統ですが、付ける生徒が少ないです。セーラー服は伝統的なで、胸には校章を付けます。絵師は@den_apoさん! https:…

RT @noc_turn: ちょうど襦袢について資料写真眺めてて描いてたの、めしあげで描かれてる明治ののは仏独の影響と日本軍服大図鑑さんで読んだのとか、まだ給与令は細かい改正見ていなかったり明治23年は下士/兵卒で第一種衣/第二種衣で分かれていた(多分絨衣と小倉衣?)…

Twitterエンドゲームを見たシック@tod_venom

返信 リツイート 昨日 20:06

RT @noc_turn: ちょうど襦袢について資料写真眺めてて描いてたの、めしあげで描かれてる明治ののは仏独の影響と日本軍服大図鑑さんで読んだのとか、まだ給与令は細かい改正見ていなかったり明治23年は下士/兵卒で第一種衣/第二種衣で分かれていた(多分絨衣と小倉衣?)…

RT @noc_turn: ちょうど襦袢について資料写真眺めてて描いてたの、めしあげで描かれてる明治ののは仏独の影響と日本軍服大図鑑さんで読んだのとか、まだ給与令は細かい改正見ていなかったり明治23年は下士/兵卒で第一種衣/第二種衣で分かれていた(多分絨衣と小倉衣?)…

見たところ二十五、六、中肉中背――というよりはいくらか小柄な青年で、飛白の対の羽織と着物、それに縞の細いをはいているが、羽織も着物もしわだらけだし、は襞もわからぬほどたるんでいるし、紺足袋は爪が出そうになっているし、下駄はちびているし、帽子はがくずれているし……

RT @noc_turn: ちょうど襦袢について資料写真眺めてて描いてたの、めしあげで描かれてる明治ののは仏独の影響と日本軍服大図鑑さんで読んだのとか、まだ給与令は細かい改正見ていなかったり明治23年は下士/兵卒で第一種衣/第二種衣で分かれていた(多分絨衣と小倉衣?)…

Twitter次回に賭けるたいさ@uc0079_taisa

返信 リツイート 昨日 17:54

RT @noc_turn: ちょうど襦袢について資料写真眺めてて描いてたの、めしあげで描かれてる明治ののは仏独の影響と日本軍服大図鑑さんで読んだのとか、まだ給与令は細かい改正見ていなかったり明治23年は下士/兵卒で第一種衣/第二種衣で分かれていた(多分絨衣と小倉衣?)…

袴について

袴について簡単に言いますと、和装のときに下半身に着る装いのことを言います。
洋装の時に履くズボンやパンツと同じようなものなのですが、違うところがあるのです。
多くに人が勘違いしているようなのですが、袴は着物の下に履くものではなく 着物の上から腰を覆うようにして履くものです。
なので、袴を履くと胸のあたりまで覆うことになり下半身に来ている振袖をほとんど 覆うことになります。
本来持っている機能性に注目すると、振袖を着ている時よりも活動的になることや 振袖の下の部分の保護や保温などの目的もあります。
袴というと、女性が成人式や卒業式に着るイメージが強いようですが昔から男性の礼服としても 活用されてきました。
それが、明治や昭和の時代に女性の学生服として採用されたことがきっかけで現代の風習として 残っているのです。
また、現代では種類や色も豊富にありますので十人十色で自分流のオシャレを楽しむことが できるようにもなってきています。

一般的な袴の形状

一般的な袴の形状 袴の形状には2種類あります。
女性のスカートのような「行灯袴」と、途中で又が分かれている「馬乗り袴」です。
文字通り馬に乗るときには馬乗り形を身につけます。
そうしませんと、馬に跨がることができません。
元々は馬乗りが正装で、行灯形は略装という位置づけでした。
しかし、現在ではどちらがどうという決まりはあまり機にされていませんので、好みで選べば良いでしょう。
動きやすさを考えれば馬乗り形がベストですし、座禅など座ることが目的なら仕切りのない行灯形が楽でしょう。
この2種類の他に、馬乗り形から発展した、野袴(たっつけ形とも言います)があります。
これは、馬乗り形の裾を括ったもので 、さらに動きやすさを追求しています。
最近は女性が卒業式に着用しますが、これは行灯形です。
これは明治時代に考案された物で、華族女学校の服装となりました。
しかし、洋服の普及により着用の機会が減り、今では卒業式用とさえ思われています。
男性と女性のの着用の違いは、男性は押しの位置ではきますが、女性は棟の下あたりで着用する胸高にしています。