思い出に残る袴

人と被らない袴とは?


menu contents
新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい洗濯方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 形」
に関連するツイート
Twitter

なまめかしきもの、細やかによき君達のなほし姿。をかしげなるわらはの、わざとことごとしき上のなどは着で、ほころびがちなるかざみばかり着て、卯槌薬玉などうちつけて、扇さしかくなどして高欄・反橋など歩きたる、いとなまめかし。 (堺本 108段)

返信先:@kasumiFKS 素敵な俳句になりましねw呼び出し装束カッコイイですよね~✨あの独特ないいですよね。階級毎にみどさかに着せてみたいです…いつの日か😚💭

第一礼装は女性だと既婚者は留袖、未婚者は振袖で年齢によってや衣紋の抜き、慶弔によって違いが出てくるの。けれど、男性の場合、黒羽二重、染め抜き五つ紋付きの長着と羽織に仙台平のさえあれば年齢も既婚未婚も結婚式も葬式さえも関係なく着ていけるわ。ただ、恰幅がないと似合わないのよね…。

Twitter美容学生たん@BS_dokuimo

返信 リツイート 17:16

第一礼装は女性だと既婚者は留袖、未婚者は振袖で年齢によってや衣紋の抜き、慶弔によって違いが出てくるの。けれど、男性の場合、黒羽二重、染め抜き五つ紋付きの長着と羽織に仙台平のさえあれば年齢も既婚未婚も結婚式も葬式さえも関係なく着ていけるわ。ただ、恰幅がないと似合わないのよね…。

【すごろく】 出茂「ふ…飛び入り参加のお前らは用意できまい 見よ!私と滝ちゃん、一心同体のコマを!(羽織姿の出茂と白無垢姿の滝の人)滝「なぜ結婚式仕様!?」 雷蔵「三郎と散歩人がこんなで役に立つとはね」(狐と一緒の雷蔵人)滝「もはや鉢屋先輩が人型保ってない!」

>ω</ 凛しってるよ! 市松模様とは、格子模様の一種で、二色の正方を交互に配したチェック柄の模様のこと! 江戸時代の歌舞伎役者、初代佐野川市松が白と紺の正方を交互に配したを履いたことから人気を博し、着物の柄として流行したんだにゃ!

Twitter>ω</凛しってるよ!@Rin_knows

返信 リツイート 昨日 3:39

返信先:@has_k80 面倒だけど、足軽が総威の腹当に四幅とかって古風でカッコいいやん。菱は注意しないと「×」のになっちゃうから難しいよね。

クチートの下半身みたいなしてると思ったら左右で結構分離してるっぽくて微妙に分かりづらい

Twitter_.無月とけ_まる@スマブラSP@_Rouletti_02R

返信 リツイート 11/19(月) 23:53

返信先:@kintyakubakudan 竜巻みたいなのね わかる あの細い脛とが素敵 腕パーツもいいですね

返信先:@misairu0719 もちろん武将さまが一番です☺️ あのようなで武将さまと四星球が融合するとは✨✨✨さすが武将さま😊 小姫がいの一番にの上の下着に気づいて大喜びしておりました! 何度も四星球観に行ってはりますが、こないだのが今までので一番面白かった😆😆って言ってました! ありがとうございました✨✨

袴について

袴について簡単に言いますと、和装のときに下半身に着る装いのことを言います。
洋装の時に履くズボンやパンツと同じようなものなのですが、違うところがあるのです。
多くに人が勘違いしているようなのですが、袴は着物の下に履くものではなく 着物の上から腰を覆うようにして履くものです。
なので、袴を履くと胸のあたりまで覆うことになり下半身に来ている振袖をほとんど 覆うことになります。
本来持っている機能性に注目すると、振袖を着ている時よりも活動的になることや 振袖の下の部分の保護や保温などの目的もあります。
袴というと、女性が成人式や卒業式に着るイメージが強いようですが昔から男性の礼服としても 活用されてきました。
それが、明治や昭和の時代に女性の学生服として採用されたことがきっかけで現代の風習として 残っているのです。
また、現代では種類や色も豊富にありますので十人十色で自分流のオシャレを楽しむことが できるようにもなってきています。

一般的な袴の形状

一般的な袴の形状 袴の形状には2種類あります。
女性のスカートのような「行灯袴」と、途中で又が分かれている「馬乗り袴」です。
文字通り馬に乗るときには馬乗り形を身につけます。
そうしませんと、馬に跨がることができません。
元々は馬乗りが正装で、行灯形は略装という位置づけでした。
しかし、現在ではどちらがどうという決まりはあまり機にされていませんので、好みで選べば良いでしょう。
動きやすさを考えれば馬乗り形がベストですし、座禅など座ることが目的なら仕切りのない行灯形が楽でしょう。
この2種類の他に、馬乗り形から発展した、野袴(たっつけ形とも言います)があります。
これは、馬乗り形の裾を括ったもので 、さらに動きやすさを追求しています。
最近は女性が卒業式に着用しますが、これは行灯形です。
これは明治時代に考案された物で、華族女学校の服装となりました。
しかし、洋服の普及により着用の機会が減り、今では卒業式用とさえ思われています。
男性と女性のの着用の違いは、男性は押しの位置ではきますが、女性は棟の下あたりで着用する胸高にしています。