思い出に残る袴

お正月に袴を着ることについて


menu contents
新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい洗濯方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 ブーツ」
に関連するツイート
Twitter

明日は用のブーツを買いにいくぞー

返信先:@konkon_0309 にショートブーツ

Twitter琥乱@鮭は飲みもの@753ko_susk

返信 リツイート 26分前

ブーツ履いて頭にリボンつけて街を闊歩したいよおおおお

Twitter紗代🦍タグ無言でお迎え中@sayo_cosplay

返信 リツイート 42分前

返信先:@ojou0227 でも男性でブーツは中々無くない? あとまぁやが金髪ボブなのに和服ってのがヤバい。そしての長さとブーツの見え方が綺麗!最高!!ひゃふー!!!(壊)

Twitterしゆ@つぎはそうえん@Ivy410Red

返信 リツイート 59分前

返信先:@Ivy410Red え、にはブーツやろ! 私もブーツ好き♡

あああブーツは反則よ…_:(´ཀ`」 ∠):

Twitterしゆ@つぎはそうえん@Ivy410Red

返信 リツイート 19:24

大正の頃の女学生のブーツって服装が現代で流行らないかしら… そしたらもっと人生に希望がもてるのに

Twitter債務@萵苣食系@saimu0501

返信 リツイート 19:17

返信先:@nkymmaki他1人 2月に山寺(雪積もっていた所)にで行ったときは、着物+羽織+ファーマフラー+ショール+アームウォーマー。 足元はブーツでした。

Twitter菫吏(とうり)🌷@touri_kiseri

返信 リツイート 19:04

本日コーデ。16ー14度曇りのち雨。 ベージュの #リサイクル着物 お召し に、抹茶の # で。 筒袖半襦袢、速乾インナー、補正なし、タイツ、帽子、ベージュのショートブーツ。口紅はブラウン。防寒にベージュののポンチョ。 #今日の着物 #着物コーディネート pic.twitter.com/12F9JXcGYT

着々と #ブーツ の季節になってきましたね( ・∀・)ノYa♪いつでも定番!いつでも大本命!レースアップブーツのご紹介です♪ヒール高め(6.5cm)の綺麗めブーツ!ブラックは、卒業式にの方は必見ですよ~d(∀)オハヤメニ~☆(6048円)#マーレマーレ #靴 #ファッション #冬 #卒業 #可愛い #綺麗 pic.twitter.com/xVFRm1wgZt

Twittermaremareおおたかの森店@mare_otaka

返信 リツイート1 18:05

袴にブーツはなぜ?

卒業式シーズンになると、豪華な振袖と袴を着た華やかな女性をよく見かけます。
大体の人は着物には草履を履いていますが、ブーツを履いている人も少数いて目を引きます。
この袴にブーツという恰好は、明治・大正時代の女学生の名残であり、現代の女性でもおしゃれに感じるのでそのスタイルを選んでいるのです。
「はいからさんが通る」という漫画が有名であり、今見ても主人公の女学生のスタイルはかわいく感じられます。
明治・大正時代には洋服を着る習慣が広まり始めたころであり、上流階級出身の女性が高等な教育を受けるために進学することが増えました。
通学するときには着物に袴を着ることが流行し、最初は草履の人がほとんどでしたが、寒い時期などは足を丸ごと覆うブーツの方が暖かく都合がよかったのです。
次第にセーラー服に脱ぎやすいがしやすいローファーになっていきましたが、袴を着る機会は人生のうちでそう何度もないために、せっかくだからとブーツを履いて楽しむ人もいるようです。

袴にブーツを履く理由

袴にブーツを履く理由 卒業式シーズンになると、街中で袴姿の女子学生を多く見かけます。
和装の袴には草履を合わせるものと思いがちですが、ブーツを選ぶ女子学生も少なくありません。
袴にブーツを合わせるスタイルが確立されたのは、明治時代末期までさかのぼります。
日本ではそれまで和装のみでしたが、少しずつ洋装が普及されていきました。
袴に洋装のブーツを合わせることが最先端のおしゃれと認識されるようになり、当時の女子学生の間でブームになったことが現代へと引き継がれていることが理由です。
ブーツを履くもう1つの理由として、寒い季節に草履というのは足元が冷えてしまいがちですが、足全体が守られるブーツならその心配はありません。
卒業式というと3月が一般的ですが、その時期はまだ肌寒い日も多く、場所によっては雪が舞うこともあります。
そのような状況での草履は、滑って転倒してしまう恐れもあります。
昔の女子学生と同様に、現代でも個人の好みによって草履にするかブーツにするか、選択する自由が与えられています。