思い出に残る袴

お正月に袴を着ることについて


menu contents
新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい洗濯方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 ブーツ」
に関連するツイート
Twitter

フォロワーのみなさん、そろそろ卒業式控えてる方とか多いんですかね…。 大学の卒業式は選んだり楽しかったな…。 足元はブーツにするのか草履なのかで友だちと大騒ぎした思い出。

んっ?? 気づくの遅すぎた けれど、こうしきの フクザァどのブーツちらみせだ! これ自覚してやってたら ぼうりょくてき要素だ。

靴????え???????靴??????????ぁぁぁぁん????ブーツ??????あ????の絶対領域万歳(涙 pic.twitter.com/zyBUCUagNk

Twitterれいちぇる(🐟"=======333@00AzumA00C

返信 リツイート 7:48

隼鷹お洒落さんで関心した ジャケット、ベストもいいし 巫女的なボトムにブーツとかハイカラさんじゃん ただとトップスがワンピースなのかどうかわからなかった これツナギみたいだったらだいぶ謎服 トイレ大変

フォーマルな着物は多少ルールがありますが、普段着着物は基本的になんでもありです。パーカーやシャツに合わせても良し。ブーツもよく合う。着物はオサレアイテムの一つです(´∀`)

TwitterLGBTきもの普及協会@kimono_lgbt

返信 リツイート 3:30

矢絣ブーツの文香と軍装(海軍がいいなあ)の武内P? ええやん……ええやんけ……

げんちゃろの衣装めっちゃブーツ踏んじゃう

Twitter四ノ宮@ 1/27夢野幻太郎@shinomiya_renka

返信 リツイート 0:31

成人式の振袖か卒業式ので マーチンのブーツ履きたいって ダメもとで言ったら 買ってくれるって うれしすぎる

ファッションのことは分からないウニクロとずぶずぶの関係の私ですがいいですか、なんか、君たちなんか服装の路線似てない? 名探偵それ、下はかい? バリバリの和装に洋風のコートに帽子かい? うわ絶妙〜〜〜〜好き〜〜〜〜隣に純和風の方いるし〜〜〜そんでもって二人ともブーツ〜〜〜〜

返信先:@mustache888 ブーツ履くの憧れなんだよね〜〜まだ2年後なんだけど今から楽しみ(笑) あ、えっとね、結局Tシャツやめちゃった(笑)髭男パーカーにロングスカートにしようかなって思ってる!ホール公演だからスカートでもそんなに支障ないだろうし☺️

袴にブーツはなぜ?

卒業式シーズンになると、豪華な振袖と袴を着た華やかな女性をよく見かけます。
大体の人は着物には草履を履いていますが、ブーツを履いている人も少数いて目を引きます。
この袴にブーツという恰好は、明治・大正時代の女学生の名残であり、現代の女性でもおしゃれに感じるのでそのスタイルを選んでいるのです。
「はいからさんが通る」という漫画が有名であり、今見ても主人公の女学生のスタイルはかわいく感じられます。
明治・大正時代には洋服を着る習慣が広まり始めたころであり、上流階級出身の女性が高等な教育を受けるために進学することが増えました。
通学するときには着物に袴を着ることが流行し、最初は草履の人がほとんどでしたが、寒い時期などは足を丸ごと覆うブーツの方が暖かく都合がよかったのです。
次第にセーラー服に脱ぎやすいがしやすいローファーになっていきましたが、袴を着る機会は人生のうちでそう何度もないために、せっかくだからとブーツを履いて楽しむ人もいるようです。

袴にブーツを履く理由

袴にブーツを履く理由 卒業式シーズンになると、街中で袴姿の女子学生を多く見かけます。
和装の袴には草履を合わせるものと思いがちですが、ブーツを選ぶ女子学生も少なくありません。
袴にブーツを合わせるスタイルが確立されたのは、明治時代末期までさかのぼります。
日本ではそれまで和装のみでしたが、少しずつ洋装が普及されていきました。
袴に洋装のブーツを合わせることが最先端のおしゃれと認識されるようになり、当時の女子学生の間でブームになったことが現代へと引き継がれていることが理由です。
ブーツを履くもう1つの理由として、寒い季節に草履というのは足元が冷えてしまいがちですが、足全体が守られるブーツならその心配はありません。
卒業式というと3月が一般的ですが、その時期はまだ肌寒い日も多く、場所によっては雪が舞うこともあります。
そのような状況での草履は、滑って転倒してしまう恐れもあります。
昔の女子学生と同様に、現代でも個人の好みによって草履にするかブーツにするか、選択する自由が与えられています。