思い出に残る袴

お正月に袴を着ることについて


menu contents
新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい洗濯方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

小学校の卒業式
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

袴について
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

人と被らない袴とは?
の情報を更新しました。

「袴 ブーツ」
に関連するツイート
Twitter

RT @mmznia: 寝坊して、ハイネックのセーターとズボンの上からババババッ!!って着たやつ(笑) 帽子 女羽織 男 アームウォーマー フェイクファーネックウォーマー ブーツ 懐中時計 帯はショールをぐるっと! 笑ってるのはお父さんがスマホオンチすぎて爆笑してましたw…

Twitterヤコビはガチマから逃げない@JaCoBi0

返信 リツイート 44分前

RT @mmznia: 寝坊して、ハイネックのセーターとズボンの上からババババッ!!って着たやつ(笑) 帽子 女羽織 男 アームウォーマー フェイクファーネックウォーマー ブーツ 懐中時計 帯はショールをぐるっと! 笑ってるのはお父さんがスマホオンチすぎて爆笑してましたw…

Twitter深泥蓮根は再度転職活動中の腐った🍤🍤@mudlotus

返信 リツイート 52分前

1 ブーツの組み合わせ 大正ロマン、ハイカラって感じのあれ 和洋折衷は素晴らしい

Twitter史代そら@ネップリ@uto2neko

返信 リツイート 19:05

公式のブーツ(´・ω・`)欲しいな

Twitter冬月 煉/大和@現代魔術師@len1182

返信 リツイート 19:00

・黒の編上げブーツ ・萌え袖 ・下は(上は洋or中)←中がいい ・黒髪 ・空の青をどこかに

私の持ってるブーツとほぼ一緒だー! のやつまだ履く時ある

Twitterりりた。@リズくん🍓@___Ririta

返信 リツイート 18:12

返信先:@mudlotus あ、今調べたら「丈が長く細身、ヒールが太く高い」ものが一律「ブーツ」と呼ばれてるみたいです~。

和服が好きだし、が好きだし、ブーツが好きだし

Twitterアメロス@出汁メジェド神絵師になりたいVTuber@oashisu_meron

返信 リツイート 16:53

返信先:@03Ai_ なんかこう多少動いてもブーツの間に隙間?足?が見えないくらいの長さがいいらしい……違うかなとか言っておいてあれだけど1番はじめに見せてくれたやつ高さがあるから大丈夫かなとか今思ったりしてる… というか一緒になって探してくれてありがとう😭😭🙏🙏 pic.twitter.com/97g39z6WrZ

Twitterペンタブ借りてる@ptptx2

返信 リツイート 16:46

専用ブーツ」のどこが専用なのかよく分からない

Twitter深泥蓮根は再度転職活動中の腐った🍤🍤@mudlotus

返信 リツイート 16:45

袴にブーツはなぜ?

卒業式シーズンになると、豪華な振袖と袴を着た華やかな女性をよく見かけます。
大体の人は着物には草履を履いていますが、ブーツを履いている人も少数いて目を引きます。
この袴にブーツという恰好は、明治・大正時代の女学生の名残であり、現代の女性でもおしゃれに感じるのでそのスタイルを選んでいるのです。
「はいからさんが通る」という漫画が有名であり、今見ても主人公の女学生のスタイルはかわいく感じられます。
明治・大正時代には洋服を着る習慣が広まり始めたころであり、上流階級出身の女性が高等な教育を受けるために進学することが増えました。
通学するときには着物に袴を着ることが流行し、最初は草履の人がほとんどでしたが、寒い時期などは足を丸ごと覆うブーツの方が暖かく都合がよかったのです。
次第にセーラー服に脱ぎやすいがしやすいローファーになっていきましたが、袴を着る機会は人生のうちでそう何度もないために、せっかくだからとブーツを履いて楽しむ人もいるようです。

袴にブーツを履く理由

袴にブーツを履く理由 卒業式シーズンになると、街中で袴姿の女子学生を多く見かけます。
和装の袴には草履を合わせるものと思いがちですが、ブーツを選ぶ女子学生も少なくありません。
袴にブーツを合わせるスタイルが確立されたのは、明治時代末期までさかのぼります。
日本ではそれまで和装のみでしたが、少しずつ洋装が普及されていきました。
袴に洋装のブーツを合わせることが最先端のおしゃれと認識されるようになり、当時の女子学生の間でブームになったことが現代へと引き継がれていることが理由です。
ブーツを履くもう1つの理由として、寒い季節に草履というのは足元が冷えてしまいがちですが、足全体が守られるブーツならその心配はありません。
卒業式というと3月が一般的ですが、その時期はまだ肌寒い日も多く、場所によっては雪が舞うこともあります。
そのような状況での草履は、滑って転倒してしまう恐れもあります。
昔の女子学生と同様に、現代でも個人の好みによって草履にするかブーツにするか、選択する自由が与えられています。